第3回 ジミーズ・パラダイス

tnk6490

移動販売車からスタートして固定店舗を開業。“ふれあいカフェ”を目指す。

小資本で開業できる移動販売車「ふれあい屋台カフェ」でスタートし、その後、仕込み場を兼ねた固定店舗「ジミーズ・パラダイス」を2013年11月10日に開業。
現在、平日は固定店舗、土曜・日曜はイベントのオファーに合わせて移動販売車を営業しています。

「ジミーズ・パラダイス」は、東京・石神井台の住宅街の一角にあり、自転車や車に乗って遠くからわざわざ来店するお馴染みのお客様も少なくありません。
子供からお年寄りまで多世代にわたる交流を生み出す“ふれあいカフェ”を目指しています。
菊池豊人・公子夫婦の親しみやすい人柄も、このお店の大きな魅力です。
そんな「ジミーズ・パラダイス」のオープンまでの道のりをご紹介します!

STEP1 移動販売車「ふれあい屋台カフェ」を埼玉・中浦和にオープン!

tnk6436 ◎2009年4月
それまでの会社勤めに見切りをつけ、小資本で開業できる移動販売車で企業。
手持ち資金300万円の範囲内で開業できるコーヒーのキッチンカー「ふれあい屋台カフェ」をオープン。
中古車を購入し、夫婦2人(菊池豊人さん47歳・公子さん44歳)でスタートした。

STEP2 開業してから3か月後に東京・花小金井に場所を移して再オープン

◎2009年10月
知り合いの紹介で埼玉の中浦和で移動販売車の営業を開始したものの、その後、条件が折り合わず撤退を余儀なくさせられる。
広告を見て、東京の花小金井にキッチンカーを置けるスペースがあることを知り、交渉して借りることに。
商店街の一角で、ここに移動販売車「ふれあい屋台カフェ」を移動させて、再オープンする。

STEP3 移動販売車を経て、東京・石神井台の住宅地に固定店舗をオープン

tnk6700 ◎2013年11月10日
東京・花小金井でおよそ3年半、移動販売車「ふれあい屋台カフェ」の営業を続けてきたが、場所を借りている大家から立ち退きを迫られる。
新たな場所を探していた時に、目についたのが現在、営業している東京・石神井台の物件。
当初、移動販売車で提供するメニューの仕込み場として使う予定だったが、仕込み場兼固定店舗として活用することを決定。
移動販売車「ふれあい屋台カフェ」のリアル店舗として「ジミーズ・パラダイス」をオープンした。

STEP4 固定店舗を拠点に、イベントのオファーに合わせて移動販売車を営業

tnk6685 ◎2013年11月10日~
月曜~金曜の平日は固定店舗の「ジミーズ・パラダイス」、土曜や日曜はイベントのオファーに合わせて移動販売車「ふれあい屋台カフェ」を営業。
固定店舗を拠点に、移動販売車の営業も同時に行っている。
「ジミーズ・パラダイス」はわずか12坪・10席の小規模店で、子どもからお年寄りまで多世代にわたる交流を生み出す“ふれあいカフェ”を目指している。

STEP5 新しい場所での移転オープンを計画中!

tnk6622 ◎2015年6月現在
現在、「ジミーズ・パラダイス」が営業している店舗の所在地は東京・練馬区石神井台。
西武池袋線石神井公園駅から遠く離れた、石神井公園近くの住宅地の一角にある。
昼間でもほとんど人通りがなく、当初、想定していた以上に平日での売上状況が厳しく、より人通りのある場所への固定店舗の移転を計画中だ。
西武池袋線沿線の花小金井、小平を中心に物件を検討中。
秋口をめどに移転計画を進めている。

この記事が掲載されているカフェ&レストランはこちら

カフェ&レストラン 2015年8月号
【特集】わたしがカフェを開業するまで
http://www.asahiya-jp.com/cafe_res/
LINEで送る

topへ